肩こりを解消するために|ストレッチやほぐす方法

*

肩こりの予防と対策、肩こりに効くストレッチをご紹介

肩こりの予防はもちろんのこと、肩こりを発症した時の対処法をご紹介します。また、症状が緩和したら、積極的にストレッチを取り入れたいもの。肩こりと肩関節の障害など、症状に合わせたストレッチで肩こりの改善を目指しましょう。

肩こりストレッチ

肩こりはあたりまえと思っていませんか。本来健康な体では、肩こりがないもの。様々な方向に肩を動かすことと、僧帽筋をほぐすことが肩こりには重要といわれています。また、肩甲骨などの背中周りのストレッチで、正しい姿勢をキープし、肩がこりにくい生活習慣を身につけることも大事です。体が固い人が背中周りのストレッチを行う時の注意点についてもご紹介します。

四十肩、五十肩

四十肩や五十肩は筋肉疲労などの肩こりと違い、肩関節の靭帯や腱板の損傷といわれています。腕が上がらなくなることはもちろんのこと、痛みで睡眠不足になるなど、日常生活に支障が出ることもあります。また、痛みのために、より腕を動かさなくなり、一度治っても痛みが再発し、なかなか完治しにくいといわれています。症状が緩和したら、徐々にストレッチを取り入れ、柔軟性を取り戻したいものです。

肩こりツボ

自分で肩をもみほぐすとなると、腕が上がらず、力が入りにくいもの。肩こりを解消するストレッチとともに取り入れたいのがツボ押しです。足裏のツボ押しは、体重をかけて力を入れやすく、おすすめです。また、冷え性にも効果的な、温熱療法や、肩の上部のくぼみ部分にある肩井のツボ押しも取り入れてみてはいかがでしょうか。

肩こり ひどい

ひどい肩こりを解消する方法とは、自分の症状に合った正しい方法を行う事。肩の痛みやコリがある部分の特定はもちろんのこと、弱い部分を見つけて、自分の症状を知ること。そして、ちょっとした癖が慢性的な症状の引き金にならないよう、日常生活を見直してみることも重要です。首から肩にかけての僧帽筋をしっかりほぐす、肩こり解消ストレッチもご紹介します。

肩 痛み

肩こりと思い込んでいたものが、ほんとうは首や肩甲骨が原因だったというケースも多いのではないでしょうか。肩関節の異常は、肩から腕にかけての痛みやしびれがあるもので、首や肩甲骨に広がる痛みがある場合は、肩が原因ではないということもあるのです。痛みのポイントを正しく理解することと、肩の痛みがある時も無理のないストレッチで症状の改善を目指します。

肩こり解消

血液の流れを良くする食べ物や、肩こりの痛みの原因にもなる疲労物質に働きかける食べ物で、肩こり解消に役立ててみませんか。アロマを取り入れたリラックス法やリンパの流れを良くするマッサージも肩こり解消におすすめです。また、人間だけではなくペットも肩こりに似た症状があることはご存知でしょうか。自然界で自由に活動する動物たちをイメージしたヨガのポーズで肩こり予防を試してみてはいかがでしょうか。

肩こりの原因

肩こりとは一見関係がなさそうな、歯科疾患や眼科疾患、耳鼻科疾患などが首や肩にストレスを与え、肩こりにつながることもあります。また、原因不明といわれる肩こりには、心因性のストレスもあり、生活習慣の改善も重要といわれています。過度なストレスを避けることはもちろんのこと、左右非対称になる行動を見直し、ゆがみを生み出さない生活をめざしましょう。

肩こり頭痛

頭痛の中でもめまいや吐き気など、日常生活に支障が出るケースもあるつらい偏頭痛。ひどい肩こりがあり、偏頭痛を発症してしまってケースでは、肩こりを改善すると、つらい偏頭痛の症状も緩和するかもしれません。肩こりが先か偏頭痛が先か見極めた治療が重要です。

肩こり 湿布 薬

初期の炎症には湿布で冷やし、慢性的な肩こりには温湿布や温熱療法が効果的といわれています。症状に合わせた治療法で改善していきたいものです。強い痛みがあり、日常生活に支障があるほどの肩こりには薬や注射で治療するケースもあります。東洋医学の漢方薬も選択肢の一つとして検討してはいかがでしょうか。

更新情報