肩こりに湿布は有効?肩こりを解消するお薬について

*
肩こりを解消するために|ストレッチやほぐす方法 > 肩こりをほぐす > 肩こりに湿布は有効?肩こりを解消するお薬について

肩こりに湿布は有効?肩こりを解消するお薬について


湿布は肩こりに有効?

肩こりには血行を良くするとよいというイメージがありますが、湿布やアイシングが有効なケースも知っておきたいもの。湿布やアイシングなどの寒冷療法は血管の収縮作用により、急性の炎症に有効といわれています。また、スポーツや急な動きなどで生じた急性期の痛みを軽減し、筋肉の過度な緊張にも働きかける効果もあります。病院に行くほどでもない急性の炎症のケースでは、患部を湿布で冷やすと良いでしょう。

初期の炎症には患部を湿布で冷やし、症状が和らいだ後に、体を温める温湿布に変えるという方法もあります。温湿布は回復期や、慢性的な肩こりに効果があり、血行を良くすることで肩周りの回復を促します。温湿布に移行する時は、患部に痛みや違和感がないか、様子をみながら変えるとよいでしょう。

一方、温熱療法で痛みが改善しない場合、寒冷療法に変えると調子がよくなるケースもあ ります。数多くの治療法の中で、改善されているかどうか判断し、治療を継続するのは自分が決めること。自分に合った治療を行えているかどうか、肩の調子を見ながら納得のいく治療を進めていきたいものです。

また、自己療法では解決できない慢性化した肩こりの治療には、マッサージでコリをほぐし、血流を良くする温熱療法が有効といわれています。治療院や整骨院などで行われている温熱療法には、電磁波や超音波、ホットパックなどの治療があり、痛みを緩和する効果が期待できます。ホットパックは75度から80度くらいのパックをバスタオルなどでくるみ、肌にあたる温度を44度より低くなる設定にしており、やけどの心配はありません。肌にじんわり温かさを感じ、体の中から温めることでリラックス効果もあり、筋肉の緊張をほぐしていきます。

さらに、血流を良くするには鍼治療や灸も効果があり、温熱療法は慢性的な肩こりに有効といわれています。自宅で温熱療法を取り入れるには、カイロやペットボトルを利用するとよいでしょう。ペットボトルを利用するときは、温かいお茶などが入っていたペットボトルにお湯を入れて、タオルで包み、患部にあてるとよいでしょう。

肩こりを解消する薬の役割とは

肩こりといっても、マッサージなどの施術で緩和するものもあれば、強い痛みがあり、施術を受けたとしても、数日後には元の状態に戻ってしまうような根が深いものまでさまざまです。慢性的な肩こりで頭痛や吐き気があるなど、日常生活に支障をきたすようになると、薬や注射で症状を緩和する方法をすすめられることもあるでしょう。痛みの発生源といわれるトリガーポイントに注射する方法は、ぎっくり腰や腰痛を繰り返す場合にも同じ方法が利用されています。

一方、投薬治療では鎮痛剤はもちろんのこと、ストレスが深くかかわる肩こりの場合には、抗うつ薬を投与されることもあります。ストレスの中でも、心因性のストレスに効果のある抗うつ薬の投与は、種類によっては眠気が強くなることもあり、副作用は事前に確認しておきたいもの。痛み止めで改善するケースもある中で、心因性のストレスの場合は、環境が一つの要因になっているケースもあり、根気強く改善に取り組む必要もあるといわれています。

また、東洋医学の治療として、急性の肩こりに用いられることが多い芍薬甘草湯は、短期的に服用するもので、慢性の肩こりに移行した場合は、自分の症状に合った漢方薬を選びたいものです。東洋医学の考えでは、冷えやストレス、血流の滞りなど、症状に合わせて適切な漢方薬を選ぶことが重要といわれています。中でも冷えによる肩こりは、免疫力が抵抗した体に邪気が入り、肩こりの原因になると考えられています。風邪の初期症状にもよいとされている葛根湯で、冷えを改善することで肩こりの解消にも役立ちます。

肩こりに湿布は有効?肩こりを解消するお薬について関連ページ

肩こりの解消におすすめは?リンパ?ヨガ?
リンパの流れを良くして、肩こりを簡単に解消 ストレッチなどの対処法と共に取り入れたいのが肩こりの解消に役立つ食べ物。生姜やネギは体を温め、血流を良くすることで肩こりを解消する効果もあるといわれています。手軽にできる生姜と […]
肩こりで痛みを伴う場合の原因と解消ストレッチ方法
肩の痛みの原因とは 腰痛と肩こりは一生の中で避けては通れないといわれているほど。年を重ねるにつれて腰痛や肩こりを経験するリスクも高くなります。肩の痛みは一時的なものもありますが、その半数以上は慢性的な肩こりに移行し、痛み […]
肩こりに効くツボとその効果的なほぐし方
足のツボで肩こりをすっきり解消 つらい肩こりを解消するために、自分で肩をもみほぐすのは、たいへんなもの。ずっと腕をあげていると二の腕が疲れてしまい、逆側の肩が痛くなりがちです。また、肩が張りすぎていると筋肉が凝り固まって […]
四十肩・五十肩になったら|その原因とストレッチの方法
どうして四十肩・五十肩になる?四十肩・五十肩の原因とは 一般の肩こりと違い、肩関節の障害として知られている四十肩や五十肩は、スポーツや高いところの掃除を長時間行うなど、肩関節周辺の組織に過剰な負荷がかかることで発症すると […]
肩こりに効くストレッチのやり方を具体的に解説
肩こり解消はできても完治は難しい? デスクワークなどの長時間同じ姿勢を続ける仕事をしていると、慢性的な肩こりはあたりまえと思っていませんか。本来なら肩こりがない状態が健康的な体といえますが、体に継続的な負荷をかけると、徐 […]