肩こりに効くストレッチのやり方

*
肩こりを解消するために|ストレッチやほぐす方法 > 肩こりをほぐす > 肩こりに効くストレッチのやり方を具体的に解説

肩こりに効くストレッチのやり方を具体的に解説


肩こり解消はできても完治は難しい?

デスクワークなどの長時間同じ姿勢を続ける仕事をしていると、慢性的な肩こりはあたりまえと思っていませんか。本来なら肩こりがない状態が健康的な体といえますが、体に継続的な負荷をかけると、徐々にその痛みに体が慣れ、脳に痛みとして正常なサインを送ることができなくなってしまいます。足や手などの、日常生活の中で必ず動かす必要がある部分に比べ、何らかの症状があっても不自由をあまり感じない部分でもあるため、慢性的な肩こりになるまで放置してしまう人も多いといわれています。

マッサージやストレッチで肩こりを解消することはできても、完治することが難しいといわれるのは、生活習慣が主な原因の一つ。デスクワークの合間にストレッチを行うにしても、頻繁に作業を中断することはできないもの。1時間おきに体を動かすわけにもいきません。とはいえ、肩こりを放っておくと、四十肩や五十肩はもちろんのこと、首の痛みや片頭痛を発症する原因にもなりかねません。

肩こりがあるからといって仕事を変えるわけにもいかず、肩こりを完治することは容易ではない状況があっても、肩周りの筋肉をほぐすことで、筋肉の凝り固まるのを防ぐ対策を続けることが重要です。時間の許す限り、作業の合間にストレッチを取り入れることで、肩こりの解消を目指していきたいものです。

肩こり解消するお勧めストレッチ

肩こりを解消するには、一般的にやりがちな肩を上げ下げする運動だけではなく、さまざまな方向に肩を動かすことが重要です。デスクワークなど、同じ姿勢を継続していると、肩はもちろんのこと、肩から首につながる筋肉も固定されてしまいます。肩から首にかけてつながる僧帽筋の緊張をほぐすと、肩こり解消によいといわれています。また、肩甲骨や姿勢も意識してストレッチすることで、背骨全体を整え、肩こり解消につなげていくとよいでしょう。

1、背骨を伸ばして椅子に座り、両足は揃えて、膝を閉じておきます。
2、両肩を上げて首の後ろを縮めるように少し斜め上を見上げます。後ろにそらせすぎないように、目線を斜め上に上げる程度に留めて、3秒ほどキープします。
3、両肘を曲げ、首の後ろを伸ばしながら、肩を後方へまわして3秒ほどキープします。
4、さらに、両肘を近づけながら、後ろから引っ張られているイメージで肩甲骨を寄せて、3秒ほどキープします。
5、3秒ほどかけてもとの姿勢に戻します。

急に力を入れすぎると、凝り固まった筋肉に負担をかけ、痛みが生じることもあります。はじめは小さな動きからはじめ、いきなり自分の出来る最大限のところまで頑張らないように心がけて行うとよいでしょう。

体が固い人の肩甲骨ストレッチはどうしたら良いか

肩甲骨を動かすとはいえ、肩や背中の筋肉が凝り固まっており、もともと体が固くて肩甲骨を寄せるどころではない、という人も多いのではないでしょうか。肩甲骨と一緒に肩も動かさなければ、なかなかスムーズに動かすことができません。肩周りが硬くなっている人にとっては、普段使っていない肩甲骨のイメージがわきにくいかもしれません。

そこで、まずは、肩甲骨の場所を手で押さえみて、実際に動いているかどうか確かめながら、いろいろな方向に動かしてみるという方法はいかがでしょうか。いきなり両手で行うとつらいので、片方ずつ行うとよいでしょう。手のひらでしっかり押さえることが出来なくても、手の先でそっと触るだけで、肩甲骨が動いているかどうかの判断はできます。家族や友人に肩甲骨を押さえてもらうのもよいでしょう。

一方、自分の背中に手を回すことができないほど肩が凝り固まっている場合は、まずはマッサージでほぐしてもらったうえで、ストレッチを行うことをおすすめします。あまりにも凝りがひどく、筋肉が癒着していると、ストレッチの効果が十分発揮できないばかりか、痛みが増すこともあるので注意したいものです。

肩こりに効くストレッチのやり方を具体的に解説関連ページ

肩こりに湿布は有効?肩こりを解消するお薬について
湿布は肩こりに有効? 肩こりには血行を良くするとよいというイメージがありますが、湿布やアイシングが有効なケースも知っておきたいもの。湿布やアイシングなどの寒冷療法は血管の収縮作用により、急性の炎症に有効といわれています。 […]
肩こりの解消におすすめは?リンパ?ヨガ?
リンパの流れを良くして、肩こりを簡単に解消 ストレッチなどの対処法と共に取り入れたいのが肩こりの解消に役立つ食べ物。生姜やネギは体を温め、血流を良くすることで肩こりを解消する効果もあるといわれています。手軽にできる生姜と […]
肩こりで痛みを伴う場合の原因と解消ストレッチ方法
肩の痛みの原因とは 腰痛と肩こりは一生の中で避けては通れないといわれているほど。年を重ねるにつれて腰痛や肩こりを経験するリスクも高くなります。肩の痛みは一時的なものもありますが、その半数以上は慢性的な肩こりに移行し、痛み […]
肩こりに効くツボとその効果的なほぐし方
足のツボで肩こりをすっきり解消 つらい肩こりを解消するために、自分で肩をもみほぐすのは、たいへんなもの。ずっと腕をあげていると二の腕が疲れてしまい、逆側の肩が痛くなりがちです。また、肩が張りすぎていると筋肉が凝り固まって […]
四十肩・五十肩になったら|その原因とストレッチの方法
どうして四十肩・五十肩になる?四十肩・五十肩の原因とは 一般の肩こりと違い、肩関節の障害として知られている四十肩や五十肩は、スポーツや高いところの掃除を長時間行うなど、肩関節周辺の組織に過剰な負荷がかかることで発症すると […]