「筋肉痛」になったら専門家が教える和らげ方とストレッチ

*

筋肉痛を効率よく緩和し、筋肉を強化する方法とは

筋肉痛をおこさないトレーニングでは自分の筋力を下回る可能性もあります。とはいえ、毎回ひどい筋肉痛になってしまうと、ケガのリスクも高まります。翌日筋肉痛になりにくい運動前後のストレッチはもちろんのこと、筋肉痛になったあとでも対処できる方法をご紹介します。

筋肉痛 筋トレ

筋肉痛は体に悪いとは一概にいえないものです。筋肉痛を乗り越えることで筋肉を強化す ることができ、筋力低下を防ぐためには重要といえるでしょう。過度なトレーニングで日常生活に支障が出るほどの筋肉痛を引き起こしてしまうと、肉離れを起こしかねません。筋肉痛になりにくい体を作るには、トレーニングを2〜3日に1度は行い、筋力を維持し続けることも重要です。

筋肉痛 回復 超回復

超回復を利用した筋トレを行えば、効率よく筋肉をつけることができます。超回復とはい え、筋肉が太くなるのではなく、その機能を向上させるもの。筋肉痛になるほどの筋トレ ではなくても、超回復は可能です。女性が筋トレを行う時も超回復を利用して、バランスのとれたスタイルを目指すのもよいのではないでしょうか。

腹筋 背中 筋肉痛

低負荷トレーニングを今の筋トレと組み合わせる、筋肉痛になりにくいトレーニング方法も知っておきたいもの。毎日のコンディションに合わせてトレーニングメニューを組み立て、腹筋や背筋のトレーニング回数にこだわりすぎず、自分をコントロールすることも重要です。

お尻 筋肉痛

自宅で行える自体重による低負荷トレーニングは、オーダーメード感覚でメニューを組み 立てることが可能です。とはいえ、筋トレをはじめたばかりの人は、自分の筋力にあわせ てどのように組み立ててよいかわからず、翌日の筋肉痛になることも多いのではないでし ょうか。ヒップリフトで筋肉痛になった時の症状やお尻の筋肉痛改善ストレッチと、無理 ないトレーニングのポイントをご紹介します。

ふくらはぎの筋肉痛

筋肉痛のメカニズムは解明されていない点も多い中、乳酸が筋肉痛の原因ではないことが わかってきました。ふくらはぎの筋肉痛は日常の動作にも支障が出ることで、他の部分に も影響を及ぼしてしまいます。筋トレを行う上で、毎回ふくらはぎの筋肉痛になっている人は要注意です。ふくらはぎだけでなく、体の他の部分にも痛みや違和感が生じないように対策したいものです。

筋肉痛のマッサージ

疲労物質の滞りを防ぎ、リンパの流れを良くしたいもの。一か所を強く指圧するのではな く、力を分散させるように筋肉をほぐしていきましょう。クリームやオイルを使用して、 心臓から遠い腱からほぐし、最後に筋肉痛の部分をやさしくほぐしていきます。また、筋 肉痛になりそうな時は、ストレッチをいつもより長めに行い、湯船につかって筋肉を弛緩 させることも大事です。

筋肉痛 ストレッチ

今の筋力より少し上を目指してトレーニングすることで、筋力がつきます。楽にこなせるメニューばかりでは筋力向上には至らないものです。筋肉痛になりにくいメニューを組み立てるのはもちろんのこと、筋トレの合間にストレッチを組み入れることで、翌日の筋肉痛を緩和することができます。トレーニングの合間にストレッチを入れるのは好みではない人は、ヨガや強化したパーツのストレッチを最後に取り入れるだけでもよいでしょう。

筋肉痛を早く治す

筋肉痛になりそうな時は、運動前後のストレッチで予防したいものです。とはいえ、いつ もと違うメニューを取り入れた時や、体調によっては筋肉痛になることもあるでしょう。筋肉を回復させるには、体を休めることはもちろんのこと、食事にも気を付けたいものです。効率よく筋力をつけるための食事や、脂肪になりにくいタンパク質と脂質の摂取方法をご紹介します。

筋肉痛 治し方 緩和の仕方

筋肉痛をすぐに緩和したいなら、運動から45分以内にプロテインを飲むとよいといわれて います。牛乳や大豆から抽出されたプロテインに糖質を適度にプラスしたものは、運動直 後の疲労した筋力の回復を促します。また、筋肉は使い続けて酷使するよりも、睡眠で回 復させ、適度に休ませることがよいといわれています。筋力だけでなく、脳の働きを良く するためにも、良質な睡眠を心がけたいものです。

更新情報