筋肉痛を早く治すためにできること

*

筋肉痛を早く治すためにできること


筋肉痛を早く治すには

筋肉痛を早く治すには、筋肉痛になるかもしれない前ぶれを察知し、出来るだけ早く対処することが重要です。ひどい筋肉痛にならないように運動前のストレッチはもちろんのこと、運動後のクールダウンストレッチも忘れずに行いましょう。とはいえ、時にはいつものトレーニングよりもレベルアップが必要になり、調節が上手くいかずにハードになりすぎてしまうこともあるでしょう。筋トレを長年行っていると、翌日筋肉痛になるかもしれない前ぶれを察知し、早目に対処することも可能になってきます。とはいえ、筋トレをはじめたばかりの人にとって、自分の筋力を熟知することは難しいもの。筋トレをはじめたばかりの人はもちろんのこと、筋トレでいつもと違うメニューを行った時は、翌日筋肉痛にならないように対処するとよいでしょう。筋肉痛になりやすい状況をあげてみます。

・いつもとちがうパーツの筋トレを取り入れた
・いつもより長めに筋トレを行った
・前回の筋トレから数週間あいてしまった
・けがや病気が完治して間もない
・室内温度が低い

このような状況の場合に筋肉痛がおきやすくいので、ストレッチやケアを入れるなどして、対策をしましょう。また、けがや病気が完治したあとは、いきなりハードなトレーニングを行わないようにしましょう。様子をみながらストレッチや軽い低負荷トレーニングから行い、徐々にもとの体に戻していきたいものです。

筋肉疲労を回復する食事とは

筋肉痛も筋肉疲労の一種と考えるとするなら、筋力をつけるための食事を心がけ、より強い体を目指してみてはいかがでしょうか。ダイエットでも、運動をするのはもちろんのこと、食生活に気を付けなければ、いくら運動しても痩せない、むしろリバウンドしてしまうこともあります。どんなに運動して消費カロリーを増やしても、それを上回る摂取カロリーを取り続ければ、なかなか痩せにくいものです。

そして、筋力を効率よくつけるには、無駄な脂肪は極力減らしたいもの。筋力アップと同時に、体脂肪率を減らすことも目標にしている人も多いのではないでしょうか。筋力についてもダイエットと同じように食事が大事です。どんなにハードな筋トレを行っても、エネルギー減となる栄養素が不足していれば、ガス欠で車が走っているようなもの。どんなにトレーニングしても燃費が良くならず、そのうち動かなくなる上に、機器トラブルを招くこともあるでしょう。

筋力には食事が大事とはいえ、効率よく筋力をつけるには、バランスのとれた質の良い食事を摂取したいものです。運動をするとおなかがすいて、食事がいつもよりおいしく感じられるという人も多い中、肉は太るから控えるといった女性も多いのではないでしょうか。筋肉をつけるという視点で考えると、良質なタンパク質は欠かせないものです、脂質も同じく体にとって必要なものです。いつも蒸し料理や野菜だけというように、極端に油を避けすぎるのも考え物です。脂質は油で調理された料理に含まれているので、積極的に摂らなくても通常の食事で摂取できると考えられています。

また、タンパク質の中の肉類でも、良質なたんぱく質を摂取したいもの。豚バラなど、脂身の多い肉よりも、ささみや鳥胸肉で低脂肪高タンパク質なものを選びたいものです。筋力をつけるためとはいえ、タンパク質も脂質も、過剰摂取は体内に蓄積されます。毎食カロリーを計算するのは大変という人は、慣れるまで1日の中で調節し、それでもストレスになるようであれば1週間の中で、徐々に食欲をコントロールしていくと良いでしょう。できるだけカロリーが低く、高タンパク質なものを選びたいものですが、ストレスになってしまうと途中で挫折しやすくなります。急に生活を一新するのではなく、スローステップで継続できる方法を選びたいものです。

筋肉痛を早く治すためにできること関連ページ

筋肉痛の回復で起こる「超回復」をトレーニングに上手に使う
筋肉痛を回復させるために必要な事とは 筋肉は使わないとすぐに衰えるとはいえ、トレーニングのやりすぎも筋肉痛やケ […]