筋肉痛に効果のあるマッサージを専門家が教えます

*
「筋肉痛」になったら専門家が教える和らげ方とストレッチ > マッサージ・ストレッチ > 筋肉痛に効果のあるマッサージを専門家が教えます

筋肉痛に効果のあるマッサージを専門家が教えます


筋肉痛に効果があるマッサージとは

筋肉痛を早く治すには、疲労物質の滞りを防ぎたいもの。そのためには、リンパの流れを良くするマッサージを行い、強く指圧しすぎないようにすることも大事です。筋肉痛の部分を強く押し過ぎると、より痛みを生み出すこともあるため、痛みがある部分を強く刺激するようなツボ押しは控えた方がよいでしょう。ひどい筋肉痛であれば専門家によるマッサージやストレッチを施してもらうことで症状の緩和を促すのも一つの手です。自分でマッサージを行う時は、筋肉痛の部分を直接指圧するのではなく、さすりながら血流を促し、滞った老廃物が排出されるのを促します。

また、リンパマッサージと並行して行いたいのが筋肉をほぐすマッサージ。クリームやオイルを使用して、まずは筋肉の両端をほぐします。次は筋肉の中心であるふくらみ部分をマッサージし、最後に全体的にほぐす方法がおすすめです。筋肉の端には腱といわれる骨につながる部分があり、まずは腱をほぐすことで、段階的に筋肉をほぐすことができます。マッサージに使用するオイルは、鎮痛効果のあるキャリアオイルを規定通りに薄めて使用するのもよいでしょう。オイルを使用することで一点に集中せず、力を分散させながらリンパの流れをよくすることができます。

筋肉痛になりそうと感じたら、ストレッチをいつもよりも長めに行い、湯船につかって筋肉を弛緩させることも大事です。それでも筋肉に痛みが生じてしまったら、一度湿布で冷やし、痛みが緩和したら温湿布で血流を良くするとよいでしょう。ハードなトレーニングを行ったあと筋肉痛になりそうな場合、トレーニング途中や直後に冷感剤を使用して、軽くマッサージをするのもおすすめです。ジムでハードなトレーニングを行っている人や夏場のトレーニングを行う時も、冷感剤を使用すると、皮膚の表面温度を下げ、リフレッシュする効果も期待できます。

ふくらはぎの筋肉痛に働きかけるマッサージ

筋肉痛を緩和するマッサージでは、心臓より遠い部分から順にマッサージしていきます。ふくらはぎのマッサージを行う時は足首に近い部分の腱から膝関節に近い腱、そしてふくらはぎ中央部分のマッサージという手順で行うと良いでしょう。マッサージする指に力が入りすぎないように行い、力を分散させ、筋肉痛の部分を緊張させないように優しく行います。それではふくらはぎの筋肉をほぐすように、マッサージしていきましょう。

1、オイルやクリームをつけて、足首の後ろ側をつかみ、手の指で円を描くようにマッサージします。
2、両手を膝の裏にあてて、ふくらはぎ上部から膝の裏を親指以外の指で軽くマッサージします。
3、両手でふくらはぎを軽くつかみながら交互に動かし、手のひらと指全体を使って、押し流すようにマッサージします。心臓に遠い足首から膝関節に向けてさすりましょう。

ふくらはぎの筋肉痛とはいえ、腓腹筋といわれる後ろ側の筋肉だけでなく、すね部分の前脛骨筋も弛緩も一緒に行いたいものです。
1、オイルやクリームをつけて足首の前側からつかみ、手の指で円を描くようにマッサージします。
2、両手を膝の正面にあてて、膝関節を中心に親指で円を描くようにマッサージします。
3、すねの骨の脛骨に沿って、足首から膝上に親指で円を描くようにマッサージします。

ふくらはぎの緊張は、すね部分はもちろんのこと太ももにも伝わるため、時間に余裕がある時はふともものマッサージも一緒に行うとよいでしょう。太腿をマッサージするときは太ももの前側、横側、後ろ側など、部分ごとに分けて行います。指圧しすぎず円を描き、軽くもみほぐすように行うと良いでしょう。膝上から股関節にかけて押し流すイメージで行ってみてください。

筋肉痛に効果のあるマッサージを専門家が教えます関連ページ

辛い筋肉痛の治し方や緩和の仕方
筋肉痛をすぐに緩和するなら運動後のプロテイン プロテインとは、筋肉ムキムキのボディービルダーを目指す人のものと […]
筋肉痛に効果のあるストレッチを専門家が教えます
筋肉痛緩和にストレッチは効果がある? 筋肉痛になってからストレッチを行うよりも、筋肉痛になる前にストレッチを行 […]