筋肉痛に効果のあるストレッチを専門家が教えます

*
「筋肉痛」になったら専門家が教える和らげ方とストレッチ > マッサージ・ストレッチ > 筋肉痛に効果のあるストレッチを専門家が教えます

筋肉痛に効果のあるストレッチを専門家が教えます


筋肉痛緩和にストレッチは効果がある?

筋肉痛になってからストレッチを行うよりも、筋肉痛になる前にストレッチを行った方がよいことは明らかです。とはいえ、ジムのインストラクターやトレーナーに教わっていると、ちょっときついくらいのメニューをすすめられ、翌日筋肉痛になることも多いのではないでしょうか。自分の筋力より少し上を目指してトレーニングを行わなければ、筋力がつきにくいといわれており、いつも楽々こなせるメニューでは筋力がついている実感もわきにくいものです。筋肉痛になるくらいのメニューをこなすことも、筋力を向上させるには必要な時もあるでしょう。

とはいえ、あまり筋肉を太くしたくない人や、筋肉痛になると翌日の仕事に影響するなど、筋肉痛になるほどのトレーニングは避けたいという人もいるのではないでしょうか。できるだけつらい思いをせずに適度な筋力をつけたいという人は、軽めのトレーニングをインストラクターに組み立ててもらうのもよいでしょう。また、自宅で軽めのトレーニングメニューを組み立てるという方法もあります。そこで、自分で筋肉痛になりにくいメニューを組み立てるうえで、取り入れたいのがストレッチを取り入れた方法です。筋トレの合間にストレッチを組み入れていくことで筋肉の緊張と緩和を繰り返すことができます。メニューの中で、強化したい箇所に働きかけるストレッチを入れるだけでも、翌日の筋肉痛を緩和する効果があります。

筋肉は継続して使い続けなくても、筋力をつけることも可能です。例えば、1つのトレーニングを10分継続して行うとひどい筋肉痛になる人は、無理してつらいトレーニングを続けて行うより、途中で違う部位のトレーニングを行うなどして、5分ずつに分けてメニューを組み立てるなど、1セット当たりの時間を少なくした方が長続きするといわれています。自分のできる少し上を目指し、ある程度刺激を与えて筋力をつける必要もありますが、オーバーワークでは長続きしません。短期的につらいトレーニングを行っても、継続できなければあっという間にもとの体系に戻ってしまいます。毎回同じトレーニングをただ繰り返すだけでは正しい筋トレになりませんが、まずは継続できる範囲で無理なくメニューを組み立てていくことが長続きするコツともいえるでしょう。

筋肉痛になりにくいストレッチの取り入れ方とは

いきなり筋トレを始めるのではなく、トレーニングの前のストレッチも取り入れていきたいものです。運動する前に準備運動をするように、筋トレの前もストレッチを取り入れ、いきなりトレーニングをはじめないようにしたいものです。また、体を軽く温める意味でも、ストレッチは効果的です。筋肉が弛緩することで、可動域を広げ、ケガの予防にもなります。また、体をあらかじめ温めておくと、血流もよくなり、エネルギーの燃費もよくなります。効率よく筋力をつけることにつながるという、ストレッチの効果は多岐にわたります。

また、筋肉痛を防ぐには、体の回復を促すことが重要といわれています。体全体の機能を回復させるためにも、ヨガがおすすめです。ヨガは柔軟性がないと難しいと思いがちですが、体が固い人でも取り組むことができます。無理して完成形のポーズを行うのではなく、出来るところまで試してみるとよいでしょう。また、ジムに通っている人は、スタジオでのヨガクラスに参加するというのも一つの手。インストラクターの指導を受けながら並行して自宅でも練習を重ねると、より理解度が高まります。ヨガ専門のスタジオは敷居が高いと思いがちですが、初心者向けのクラスや少人数性のクラスを選べば、はじめてでも挑戦しやすいのではないでしょうか。

筋肉痛に効果のあるストレッチを専門家が教えます関連ページ

辛い筋肉痛の治し方や緩和の仕方
筋肉痛をすぐに緩和するなら運動後のプロテイン プロテインとは、筋肉ムキムキのボディービルダーを目指す人のものと […]
筋肉痛に効果のあるマッサージを専門家が教えます
筋肉痛に効果があるマッサージとは 筋肉痛を早く治すには、疲労物質の滞りを防ぎたいもの。そのためには、リンパの流 […]