首が痛い原因と痛みを和らげる方法

*

筋肉の疲労だけではない首の痛みの原因と対処法

負担をかけて首のこりは肩こりからくるものもあれば、他の病が隠されていることも。頭痛やしびれ、麻痺などの、いつもと違う症状を見落とさずに早期に対処したいものです。
首に過度な負担をかける悪い姿勢に気を付け、長時間のスマートフォン操作にも気を付けましょう。

首の痛み

首の筋肉に過度な負担をかけると、首のコリや痛みにつながり、首の骨のカーブが崩れてしまうこともあります。さらに首の骨が過度に引き伸ばされると、ストレートネックになり頭痛や肩こりの原因にもなりかねません。そこで、自分でできる首の痛みの対処法としてツボ押しはいかがでしょうか。しこりや痛みをみつけて正しいツボの場所を探すポイントをご紹介します。

首 ヘルニア

今使っている合わない枕が、首ヘルニアの原因となっているかも?特殊なスポーツなどで過度な負担をかけなくても、日常の中に首ヘルニアが潜んでいることはご存知でしょうか。しびれや手先の麻痺など、日常生活に支障がでることもある首ヘルニア。正しい理解で、首ヘルニアを未然に防ぎたいものです。

首が痛い原因

長時間のスマートフォン操作が首を痛める原因になることもあります。ストレートネックは重い頭部を支える頸椎に過度な負担をかけることで、頸椎のカーブがなくなってしまうことをさし、首の痛みや肩こり、頭痛などの症状を招きます。首が痛くなる原因は首のコリなどの筋肉にかかるストレスや心因性のストレスだけでなく、ホルモンバランスの乱れが関係していることも。

首の痛み 頭痛

慢性化しやすい緊張型頭痛や偏頭痛。首や肩がこり、血流が悪くなることで頭部の血流にも影響を与え、頭痛を発症する引き金ともなります。長時間のデスクワークで、筋肉が癒着し痛みが生じるケースもあり、その対処法と、症状を悪化させない体の動かし方もご紹介します。

首 ストレッチ

頸椎に過度なストレスを与える、猫背や椅子に浅く腰掛ける悪い姿勢にも気を付けたいものです。可動域に幅がある脊柱は、体を動かしていなくても、椅子に座っている時は微妙に動き続け、姿勢を調整しています。ずれやゆがみで痛みの原因となりやすい骨盤や腰椎を正すことで、頸椎への負担をかけないようにしましょう。

首の後ろの痛み

椎間板は30代を境に加齢とともに変形し、悪い姿勢や過度なスポーツなど、首へ負担をかける日常の動作によって症状を進行させます。頸椎症の中でも頸椎症性脊髄症は、背骨の中にある脊髄を圧迫し、首の痛みはもちろんのこと、しびれや麻痺などの症状があり、日常生活に支障が出ることもあります。交通事故や過度なスポーツで首を痛めた時は、自覚症状がなくても、治療を受けておくことで、重症化を防ぎたいものです。

首筋の痛み

内臓疾患や甲状腺が首筋の痛みの原因になることも。また、頸椎異常や腰痛や肩こりなど、首以外の部分が原因でトリガーポイントが拡散することもあるため、筋肉のハリやコリは初期の段階で早めに対処しておきたいものです。原因が特定でき、病院に行くほどでもない首筋の痛みには湿布で冷やす方法もよいですが、日常生活や睡眠時に首に負担をかける動作を行っていないか、根本から見直すことも重要です。

首 しこり

首のしこりは悪性腫瘍だけではなく、筋肉のこりのトリガーポイントとしてしこりが生じることもあります。リンパマッサージでトリガーポイントによる首のしこりの改善はもちろんのこと、リンパの流れをよくし肌の調子や免疫力アップにつなげましょう。

首の付け根の痛み

トリガーポイントに注射することで首の痛みを緩和する方法もあります。また、僧帽筋だけでなく、頭半棘筋などの首の付け根に集中する筋肉をストレッチすることで、頭部へつながる筋肉のこりを防ぎたいものです。首の付け根の痛みに、しびれや麻痺、ろれつが回らないなどの脳神経の異常があるなど、いつもと違う症状を見極め、首のこりだけでは済まない病を見過ごさないようにしたいものです。

更新情報