首の痛み 頭痛

*

首の痛み 頭痛


首の痛みが頭痛の原因に?

首のコリや痛みがあると、肩こりはもちろんのこと頭部にも悪影響を及ぼします。日本人の7割以上が経験するといわれている頭痛の原因はさまざま。多くの要因が複雑に重なり合うため、はっきりした原因を特定することは困難ともいわれています。緊張型頭痛と偏頭痛は慢性化しやすい頭痛として広く知られていますが、首の痛みが原因となり、それらの頭痛を引き起こすこともあります。首の筋肉に過度な負荷がかかり、血流を悪くすることで頭部の血流にも影響を与えるなど、間接的に頭痛を引き起こすきっかけとなるのです。
首の痛みが頭痛の原因であれば、首の痛みを改善することで頭痛がよくなることもあるため、症状が軽いうちに対策をしたいものです。一方、緊張型頭痛や偏頭痛の症状として首の痛みを生じることもあります。一度頭痛を発症してしまうと、まずは首の痛みより頭痛の治療をすることが先決です。

長年、首の痛みを患っており、最近頭痛を発症したというケースでも、首の痛みが原因だから大丈夫と安易に決めつけず、他の病を引き起こしていないか調べておきたいもの。病院にいくまでもない軽い頭痛とはいえ、いつもと違う症状があれば脳梗塞などの命に関わる病が隠れていることも。放っておくと命に関わる病とはいえ、激しい頭痛を伴うとは限らないため、早期発見で重症化するリスクをさけたいものです。

また、緊張型頭痛や偏頭痛はなかなか治りにくく、慢性化しやすい頭痛としても知られています。生活習慣や日常の行動などの癖が原因で首の痛みを生じた場合には、投薬治療や施術だけでは改善しにくいもの。日ごろの習慣を変えなければ、完治には至らないことが多いというのも慢性化しやすい原因の一つ。さらに、自己判断で緊張型頭痛と思い込み、気付かないうちに長期間飲み続けてしまったことで、症状がより複雑になってしまうケースも。市販薬を飲む場合には慎重に、原因が特定できていない頭痛には、使用しないようにしたいものです。

頭痛と首の痛みの関係とは

重い頭を支える首の骨はもちろんのこと、首の筋肉も頭部とつながっており、首の痛みは間接的に頭部へと影響を及ぼします。首周りの血流が悪くなることで首のコリが生じた場合も、頭部への血流を悪くし、頭痛を引き起こす原因になります。デスクワークなどで長時間同じ姿勢を続けていると、筋肉の癒着を進行させ、首や肩などの血流が悪くなる悪循環を招きます。

首の筋肉が癒着すると、長時間継続した作業を終了し、首や肩周りを動かした時に痛みを伴うことがあります。中には、上を見上げた途端に、首に激痛がはしり首を回せなくなってしまうほどの痛みが生じることも。できれば長時間の作業になりそうな時は合間に数秒でも体を動かす時間を取ることがベストですが、集中すると気付かないうちに首の筋肉が固まり、癒着してしまうこともあるでしょう。筋肉が癒着してしまった時は、急に動かさないように、徐々にほぐすことが重要です。痛みが生じた時は、体へ「急に動かすな」というサインを出して、それ以上症状を悪化させないようにしているのです。

また、筋肉に違和感があると、痛みを生じさせないようにするため、不自然な動作をし、運動不足にもつながります。その時点でマッサージなどの施術でほぐし、しっかりメンテナンスすると症状も緩和されますが、そのまま放っておき、筋肉を凝り固まらせてしまうと、より症状を進行させてしまいます。首だけでなく頭部への血流も悪くし、頭痛の原因にもなりかねません。治療を受けるまでの措置として、痛みを発症した直後には患部を冷やし、体が冷えて痛みが増すようであれば、温めるとよいでしょう。その後は早めに適切な治療を受けることをおすすめします。

首の痛み 頭痛関連ページ

首の付け根の痛み
首の付け根の痛みは筋肉が原因? 首の後ろには頭につながる神経が通り、異常をきたすと目や耳の疾患、頭痛やめまいを […]
首の「しこり」
首のしこりの原因は悪性腫瘍? しこりは、動脈硬化などの、血管内で徐々に進行する病とは違って、自分で気づきやすい […]
首筋の痛み
首筋の痛みの本当の原因とは 首筋の痛みの原因は元をたどれば筋肉や骨にかかる過度なストレスによるものが多い中、内 […]
首の後ろの痛み
首の後ろの痛みと頸椎症 頸椎症の症状には段階があり、中でも加齢とともに椎間板が変形する変形性頸椎症は、だ れで […]
首が痛い原因
首の痛みはスマートフォンが原因かも? パソコンやデスクワークで首の痛みや肩こりを訴える人も多い中、スマートフォ […]
首 ヘルニア
首ヘルニアの原因は枕? 椎間板ヘルニアといえば腰の骨の腰椎だけではなく、首の骨の頸椎に発症することもあります。 […]
首の痛みの原因とその症状の対処方法
首の痛みはどんな症状がある? 長年肩こりと思っていた痛みやコリは、実は首の痛みだったということも多く、肩こりと […]