首の付け根の痛み

*

首の付け根の痛み


首の付け根の痛みは筋肉が原因?

首の後ろには頭につながる神経が通り、異常をきたすと目や耳の疾患、頭痛やめまいを引き起こす原因にもなります。また、頭部と首をつなぐ境目、ちょうど首の付け根あたりにはぼんのくぼといわれる場所があり、トリガーポイント注射による首こり改善には、ぼんのくぼ周辺の風池や天注も有効といわれています。

首の付け根には僧帽筋の上部や頭半棘筋、頭板状筋、頸板状筋といった筋肉が集中し、それらの筋肉に過度なストレスがかかり、こりが生じると首の付け根に痛みを生じることがあります。首のこりの原因にもなる僧帽筋は首の付け根から肩甲骨、そして背骨までつながっています。

長時間のパソコン作業やスマートフォン操作で、首の付け根はもちろんのこと、背中まで違和感やこった感じはこの僧帽筋が主な原因といわれています。首から肩甲骨、背骨につながる僧帽筋が体に及ぼす影響は首から肩、背中までつながり、どの部分にストレスを与えても互いに影響してしまいます。

首の付け根の痛みに効果的なストレッチ

頭半棘筋、頭板状筋、頸板状筋は頸椎から下部に伸び、僧帽筋の範囲には及びませんが、 頭部につながる首の筋肉として、重い頭部を支える役目を担う重要な筋肉です。ストレッチは僧帽筋だけに注目するのではなく、頭半棘筋や頭板状筋のストレッチも忘れず行いたいものです。頭半棘筋や頭板状筋は上半身とはつながっておらず、肩甲骨を動かすストレッチだけでは十分にストレッチさせることができません。首を反らし、頭を後方に倒すことで動かされるため、両手で後頭部をサポートし、痛みを生じない程度に首を後ろに反らせるストレッチも取り入れるとよいでしょう。

首の付け根の症状が比較的軽い時には、ゆっくり首を動かすストレッチで首の付け根の痛みを緩和したいものです。安静にしている時期が長すぎると筋肉がコリ固まってしまいます。調子の良い時に無理のないように、様子をみながら徐々に動かしていくことで、筋力の低下を防ぎます。呼吸を行い、酸素を取り入れながらゆっくり首をストレッチすることで、血流が良くなり、筋肉のコリを改善に効果があります。ただ、首の痛みがひどい場合は筋肉を動かさない方がよいこともあり、まずは専門家に相談することが重要です。

首の付け根を通る神経の痛みには神経ブロック療法も

首の筋肉周辺に疲労物質や、痛みの原因となる発痛物質がたまり、頭部へつながる神経に
みの物質が急激に伝わることで、突然首の付け根から首筋にかけて電気が走ったような痛みが生じることがあります。ぎっくり腰の痛みが首に訪れるような感覚で、振り返った瞬間に発症することもあれば、作業に集中して一息ついた時など、時を選ばない急な痛みは一度経験すると、次にまた起きるかもしれないという恐怖心も生まれます。

凝り固まった筋肉が疲労に耐えきれなくなると、ぎっくり腰を引き起こすように、首の疲労物質が蓄積されることも原因となります。整形外科などでは、コリを直接ほぐすのとは異なる、神経の痛みの緩和を目的とした神経ブロック療法も取り入れられています。首の痛みだけではなく、肩の痛みに対しても有効で、知覚運動や交感神経に働きかけ、痛みを緩和する効果があります。

一方、更年期障害や緊張型頭痛、偏頭痛による首の痛みや肩こりの症状としても、首の付け根に痛みを生じることがあり、他の症状を伴う場合は一つ一つ原因を探り、症状を根本から解決に導きたいものです。脳梗塞などの命に関わる病の中には、首から頭にかけての動脈に異常が生じた時に、首の痛みを伴うこともあります。単なる首のコリや痛みだけではなく、震えやしびれ、麻痺、ろれつが回らないなどの脳神経障害があり、いつもと違う気になる症状があれば、早めに診察を受けると安心でしょう。

首の付け根の痛み関連ページ

首の「しこり」
首のしこりの原因は悪性腫瘍? しこりは、動脈硬化などの、血管内で徐々に進行する病とは違って、自分で気づきやすい […]
首のストレッチの方法
ストレッチを行う前に首の痛みを改善する方法とは 前かがみの作業や、頭を前に突き出して首に負担をかける状態を長時 […]