腰痛の治し方やツボ・和らげる方法が分かる

*

腰痛の原因と予防法を知り、正しい対処で改善しよう

腰の痛みがない時の腰痛を繰り返さない予防法と、痛みがある時の対処法を正しく理解することがなによりも重要。痛みがある時に間違った対処をすると症状を悪化することもあります。正しい対処法で症状を緩和し、腰痛を起こしにくい体に変えていきたいと思いませんか。

腰痛ツボ

東洋医学における気、血、水や経絡とツボの考え方を取り入れてみませんか。マッサージやツボ押しで取り入れられている東洋医学の考え方。頑張りすぎず自分にとってベストな状態をキープすることと、自分で予防ができることこそ、より良い毎日を生きるポイントではないでしょうか。

腰痛ストレッチ

重度の腰痛では自己流で動かず、まずは施術で凝り固まった筋肉をほぐしてもらいましょう。そして、症状が和らいだら腰痛を軽減してくれるストレッチを正しいやり方で行うこと。間違った姿勢でのストレッチは、腰痛を悪化させる原因になることもあるので、注意したいものです。

腰痛予防ストレッチ

腰痛を慢性化させないためには、腰が痛くなる前に、予防のためのストレッチを取り入れて、腰回りの筋力をつけること。腰の痛みがある時に予防のストレッチをすると、悪化させる恐れもあります。背骨全体を柔軟にし、下半身の筋力をつけるストレッチを取り入れて日ごろから予防を心がけましょう。

腰痛原因

原因不明といわれる腰痛の多くは、筋力不足とストレス、大きく2つに分けられ、日常生活の中で避けては通れないストレスはなかなか減らせないもの。ストレスを抱え過ぎると自律神経の乱れ、肥満やロコモティブシンドロームのリスクが高くなることも。ストレスと自律神経に関係する症状や対策をご紹介し、腰痛の原因を探ります。

腰痛症状別治療

軽度から重度の腰痛まで、治療期間や治療の種類も異なります。長年腰痛を抱えると時間もお金もかかってしまいます。重度の腰痛で、長期間同じ治療院に通い続けているという人は、自分にとってプラスになる方法を探る時期かもしれません。早期治療で早めに良い状態に戻したいもの。腰痛を治すことに積極的になり、早めに対処することがなによりも重要です。

腰痛治療

今の腰痛治療に満足していますか。今の治療法以外にストレスや内臓疾患、骨の異常なども視野に入れて、治療を進めているといえますか。改善していない、治ってもすぐに腰が痛くなるという人は治療法の見直しが必要かもしれません。また、自分でできる腰痛治療としての、ストレス対策もご紹介しています。

腰痛症状

腰痛の症状によって外見に違いが出ることも?たかが腰痛といえども、重度の腰痛になると、背骨のS字カーブのバランスが崩れ、姿勢が悪くなることで内臓を圧迫することもあります。最近分かってきた、椎間板ヘルニアが必ずしも腰痛の原因ではない、椎間板ヘルニアの症状と、腰痛との関係についてもご紹介します。

腰椎

腰痛と腰椎の関係だけではなく、背骨を構成する頸椎や胸椎も腰痛の原因になることがあります。また、骨盤から上半身へとつなぐ腰椎は、体をスムーズに動かす役目も担い、間違った姿勢を続けると、筋肉だけでなく、骨との間のクッションの役目をする椎間板にも影響を与えることがあります。腰椎の適度なカーブを維持する筋力の中でも腸腰筋に注目して、腰痛の予防につなげましょう。

腰痛持ちになってしまったら

たとえ慢性的な腰の痛みに悩まされていたとしても、改善する方法は多く残されています。まずは体のコリやハリを取り除き、症状が緩和したタイミングで運動を取り入れること。そして楽しみながらできる運動やリラックス法とともに、少しずつ行動を変えて腰痛を改善したていきたいものです。

更新情報