腰痛の原因|2種類が主な原因の腰痛について知ろう

*
腰痛の治し方やツボ・和らげる方法が分かる > 腰痛の原因や症状 > 腰痛の原因|2種類が主な原因の腰痛について知ろう

腰痛の原因|2種類が主な原因の腰痛について知ろう


原因不明の腰痛は大きく分けて2種類?

肩こり同様、多くの人が経験するといわれている腰痛。大人になると肩こりや腰痛は避けては通れないものと、あきらめていませんか。たかが腰痛といえども、放っておくと、ぎっくり腰を発症するなどし、日常生活に支障をきたすこともあります。また、椎間板ヘルニアや骨の病気など、画像診断で原因が特定できる腰痛以外は原因不明とされることが多いもの。腰痛に悩む人が多い中、骨の変形などの重い病気の人は少数で、西洋医学では原因が特定できない腰痛が8割以上といわれています。

原因が特定できない腰痛は、大きく分けて2種類といわれています。一つは、一定の動作を継続したことや、筋力の低下など、体の筋肉に与える影響が、腰痛を引き起こす原因となり、もう一つは精神的なストレスが原因と考えられています。生活習慣による筋力不足は、腰痛の状態に合わせた正しいストレッチや運動習慣を身につけることで、改善することができます。一方、仕事や日常生活などのストレスはなかなか改善できないものです。

ストレスを感じていると、それを紛らわすために過食気味になる傾向もあり、肥満やロコモティブシンドロームのリスクも高くなります。太り気味になると、より運動が苦手となり、筋力の低下を招きます。そして、腰回りの筋力も弱くなり腰痛を引き起こすといった、悪循環に陥ってしまいます。腰痛に悩む人の多くは、ストレスを改善すると痛みも緩和される、といわれるほど、ストレスが腰痛に与える影響は大きいようです。

腰痛の原因となる見落としがちな症状

腰痛の原因となるストレスを抱え続けると、自律神経の乱れにつながることもあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、その2つがバランスをとりながら、体の調子を整え、精神的に安定させます。ストレスを抱え過ぎると腰痛だけでなく、日常生活を不安定にし、自分でも気付かないうちに、体に悪影響を与えてしまうといわれています。自律神経のバランスを整えることで日常を豊かにするのはもちろんのこと、腰痛改善にも役立てたいものです。

また、交感神経は、日中活動するために、気分を高揚させ、活発にするなどの役割があります。一見、交感神経が優位だと活動的になり、メリットが多いように見えますが、眠れなくなる、イライラするなどの症状が出て、常に筋肉を緊張させることで腰痛の原因にもなります。逆に副交感神経が優位になると日中でも眠くなり、ぼおっとするなどの症状がでるという特徴もあります。自律神経のバランスを整えるには、日中は交感神経を優位にし、夕方から夜寝るころには副交感神経が優位にすることがベストです。

腰痛の原因に対する対策

腰痛の原因となるストレスは生活の中にいくらでも潜んでいます。仕事で失敗した、嫌なことがあったなど、ネガティブなことだけでなく、環境の変化はもちろんのこと、自分にとってプラスになる昇進などもストレスの原因となります。また、仕事に満足していない、家庭内にトラブルがあるなど、日常的にストレスを感じる生活をしている人ほど、慢性化しやすいといわれています。

長年身についた生活習慣は改善しにくく、同じ姿勢を続けるからといって仕事を変えるわけにもいきません。一度に大きく変化することは難しくても、できるところから、少しずつ行動をおこし、ストレスを感じにくい日常を目指したいものです。

また、腰痛を経験したことのない人は、腰に痛みがあっても、脳への伝達物質が痛みを防ぐように機能するといわれています。一方、過去に腰痛を経験したことがある人は、その機能が低下し、過剰に反応し、一度腰痛を克服したとしても、腰痛を再発した時に慢性化や、重症化するリスクが高くなります。過去の腰痛に対する恐怖感や痛みの記憶に敏感になりすぎず、腰痛の原因に対する適切な対策を心がけたいものです。

腰痛の原因|2種類が主な原因の腰痛について知ろう関連ページ

腰痛の症状にはどんなものがあるか知ってますか?
腰痛の症状によって外見が変わることも 筋力不足による軽度の腰痛であれば、筋肉の凝りをほぐし、適度な運動で腰回りの筋力をつけると症状が緩和されるといわれています。一方、長年運動を行っておらず、長時間同じ姿勢を続けるデスクワ […]