腰椎のもつ役割を知る事で腰痛を改善しよう

*
腰痛の治し方やツボ・和らげる方法が分かる > 腰痛に関する事 > 腰椎のもつ役割を知る事で腰痛を改善しよう

腰椎のもつ役割を知る事で腰痛を改善しよう


骨盤と腰椎の役割とは

背骨は頸椎、胸椎、腰椎で構成され、ゆるやかなS字カーブを描き、互いにバランスをとりあっています。腰痛の原因となる悪い姿勢は、猫背だけではなく、頸椎に負担をかけるストレートネックも含まれています。背骨を構成する頸椎は頭を支えるためにカーブを描き、胸椎や腰椎も自然なカーブで体を支えています。直接腰に影響を与える腰椎に限らず、頸椎や胸椎への負担も背骨全体に影響し、腰痛の原因になるといわれています。

腰の骨の腰椎は、骨盤から上半身へとつながる5つの骨で構成されています。腰椎は、上半身をスムーズに動かし、下半身との連結の役目も担います。日常で頻繁に動かす腰椎は、負担をかける動作を過度に行うことで痛みが生じるなど、影響が出やすい場所でもあります。

また、腰椎は骨盤と胸椎をつなぎ、腰椎の骨は体の前方に緩やかなカーブを描いています。緩やかなカーブとはいえ、正常な状態では、骨そのものが曲がっているのではなく、骨と骨をつなぐ椎間板がクッションの役目となり、自然なカーブを描いています。この自然なカーブが重要で、曲がりすぎると負担をかけるのはもちろんのこと、真っ直ぐになりすぎても、腰に負担をかけてしまいます。自然なカーブを適度な筋力で保持し、正しい姿勢を保つことが、腰痛の予防に重要といわれています。

間違った姿勢が腰椎に与える影響

間違った姿勢を長期間続けると、筋肉だけでなく、骨と骨の間の椎間板にも影響を与えてしまいます。椎間板の変形が進行すると、椎間板ヘルニアや腰椎すべり症の原因にもなりかねません。腰椎すべり症は、体に左右差があり、ねじれが加わるなどの原因から、椎間板にかかる力も均等ではなくなり、腰椎にずれが生じてしまことで発症するといわれています。椎間板を守るためにも、正しい姿勢を心がけたいものです。

また、猫背の人が正しい姿勢をとっても、すぐにつらくなり、背中が丸くなってしまいがちです。普段気付きにくい自分の姿勢は、生活習慣の中で癖になり、筋力不足も影響して、治してもすぐに戻ってしまいます。正しい姿勢を維持し、それを継続するには根気も必要ですが、気付いた時に姿勢を正すことから、はじめてみてはいかがでしょうか。

腰痛と腰椎の関係とは

腰椎や骨盤周りの筋力が低下すると、間違った姿勢をとりやすくなり、腰痛の原因にもなりかねません。正しい姿勢を保つのに重要な筋肉といわれている腸腰筋は、手で触れることのできない体の奥にある筋肉で、この腸腰筋を鍛えることで腰痛を予防できるといわれています。腸腰筋は腰椎と骨盤内の腸骨から出て、大腿骨をつなぎ、小腰筋と腸骨筋、大腰筋という3つの筋肉群からなりたちます。腰痛予防はもちろんのこと、他の筋力トレーニングを行う時も、表面の筋肉だけではなく、腸腰筋などの体の奥の筋肉も意識して行うことで、効率よく筋力をつけることができるといわれています。

腸腰筋を鍛えると、代謝もよくなり、下半身の引き締め効果もあります。ロコモティブシンドロームの予防としても注目されている腸腰筋を鍛えることで、腰痛予防にもなり、一石二鳥です。ただ、腸腰筋は、目で確認することも、触ることもできず、ストレッチやエクササイズの効果も実感しにくいもの。腸腰筋を十分に生かすポイントは、伸ばすことと、縮めることをバランスよく行う事といわれています。

また、座った姿勢で動かさないことも、筋肉の癒着を促すことにつながります。両足をまっすぐ揃えた前屈や、両膝を曲げて、手を太ももに添えたまま起きる腹筋運動を取り入れるとよいでしょう。両足を揃えて床に座ることがつらい人は、片足を曲げて、座布団やクッションを下に敷くと安定します。腹筋運動も、無理をすると逆効果になることもあるため、自分の出来る範囲で腰痛予防に役立ててはいかがでしょうか。

腰椎のもつ役割を知る事で腰痛を改善しよう関連ページ

腰痛持ちになったら知っておいてほしい事
腰痛持ちになってしまったらどうする 腰痛は上手く付き合い、長く引きずるものでもありません。慢性的な腰痛を抱えてしまっても、自分で対処できることはしっかり取り組むことで、腰痛を改善し、きっぱりと別れを告げたいもの。たとえ腰 […]
腰痛 ツボ|痛みの軽減や治療に役立つ腰痛のツボ
東洋医学を取り入れて腰痛の症状を緩和する 過去に腰椎椎間板ヘルニアやぎっくり腰などを発症した経験がある人は、痛みを脳が記憶しており、痛みに対して過剰に反応してしまうというケースもあります。とはいえ、いつものことだからと、 […]