腰痛の症状別の治療方法|症状で異なる腰痛の治療

*
腰痛の治し方やツボ・和らげる方法が分かる > 腰痛の治し方や治療方法 > 腰痛の症状別の治療方法|症状で異なる腰痛の治療

腰痛の症状別の治療方法|症状で異なる腰痛の治療


腰痛の治療を受けるタイミングとは

腰は体の中心にあり、上半身と下半身を円滑に動かすためにさまざまな方向に動くもの。ある一定の動作を継続し、筋肉を凝り固まらせることで、腰にストレスをかけることも腰痛の原因になる一方、スポーツで複雑に動いた結果、腰を痛めることもあります。スポーツを継続したことによる腰痛はもちろん、デスクワークなどの仕事で腰痛を引き起こした場合も、表面の筋肉だけではなく、深層筋への働きかけが必要になります。深層筋とは、直接手で触れることができない場所にある筋肉で、普段使わない筋肉への働きかけで、基礎代謝を上げるなどのダイエット効果も期待できます。

深層筋に働きかけ、自分では手が届かないところまでほぐしてくれる施術は、凝り固まった自分の体を、客観的に見る機会にもなります。施術の種類を問わず、腰痛の治療で大事なことは、腰痛が軽度のうちに症状を伝えて、腰痛の引き金になるような、日常の中の自分の癖を知り、改善してい事。治療を受けるタイミングは、腰痛の初期の段階こそ、原因を特定しにくいといわれる腰痛であっても、解決への糸口が見つかりやすいものです。

一方、ぎっくり腰を繰り返し発症するすなど、重症になってから、わらをもすがる気持ちではじめて治療に頼るというのはできれば避けたいもの。腰の痛みはもちろんのこと、心も体もぼろぼろになってしまうと、ストレスや筋肉疲労など、複数の要因が重なり、腰痛の原因が見えにくくなります。さらに、治療する箇所が複数あると、生活習慣の改善も難しくなります。重症になる前に、複数の治療院に施術を体験して、自分に合った場所をあらかじめ探しておくと、万一の時にも安心でしょう。

腰痛の症状によって異なる治療期間

軽度の腰痛は、施術を施し、症状が改善した後に適切なストレッチやエクササイズで筋力をつけると、腰痛は改善するといわれています。軽度の腰痛は、基本的に治療期間も短かく、生活習慣の改善も順調に進めば再発を防ぐことができます。一方、重症の腰痛では、まずは体のコリをほぐし、凝り固まった筋肉をもとの状態に戻す治療からすすめていきます。凝り固まっていると、トリガーポイントまで指圧が行き届かないほど、凝り固まってしまうことも。軽度の腰痛とは違い、まずは指圧できる状態まで筋肉をほぐすとこからスタートする必要があり、その根は深く、一筋縄ではいかないものです。

また、重症の腰痛では、長期間治療を受け続ける場合もあります。とはいえ、保存療法を行うにしても、この時期までに治らなければ次の改善策を考えるなどと、一定の期間を区切って視点を変えながら腰痛に向き合っていきたいものです。長年施術を受けてきた治療院で、腰痛の治療で何年も通う、というのも考える必要があるかもしれません。いつまで続くかわからない腰痛の治療を継続するのは、自分にとってプラスなのか問い直し、腰痛を治すことに、より積極的になってもよいのではないでしょうか。

腰痛の症状によって異なる治療の種類

比較的軽度の腰痛の治療ではマッサージや電気治療、温熱治療などを行います。軽度の腰痛では、整体や接骨院で施術を行えば筋肉がほぐれ、良い状態に戻すことも可能です。一方、重症の腰痛では一度レントゲンやMRIなどをの画像診断を受け、骨や内臓の異常がないか調べておくと安心です。画像診断で異常がみつからない場合でも、痛みがひどい場合は注射による治療や痛み止めを処方される場合もあります。また、椎間板の異常がみつかり、保存療法を行っても改善が見込まれない場合は、切開手術やレーザー治療という選択を迫られる場合も。

切開手術は全身麻酔で文字通り体にメスを入れますが、レーザー治療はメスを使わず部分麻酔で済むことが多く、体への負担が少ないといわれています。レーザー治療は保険適用外で高額になるというデメリットもありますが、一か月近く日常生活に支障が出る切開手術と比べると、翌日には通常通りの生活も可能なところが最大のメリットといえるでしょう。

腰痛の症状別の治療方法|症状で異なる腰痛の治療関連ページ

腰痛の治療|痛みを緩和してくれる治療の方法
腰痛の治療法に満足していますか 数年同じ治療院に通い続けている、自己療法でなんとか腰の痛みをごまかしている、そんな人も、現在の適切な腰痛治療を行うと、長年の痛みから解放されるかもしれません。医療の進歩に伴い、原因不明とい […]