腰痛の治療|痛みを緩和してくれる治療の方法

*
腰痛の治し方やツボ・和らげる方法が分かる > 腰痛の治し方や治療方法 > 腰痛の治療|痛みを緩和してくれる治療の方法

腰痛の治療|痛みを緩和してくれる治療の方法


腰痛の治療法に満足していますか

数年同じ治療院に通い続けている、自己療法でなんとか腰の痛みをごまかしている、そんな人も、現在の適切な腰痛治療を行うと、長年の痛みから解放されるかもしれません。医療の進歩に伴い、原因不明といわれ続けてきた腰痛でも、適切な治療と対策がわかってきました。そもそも、マッサージや電気治療は筋肉疲労の腰痛に適した保存療法として行われ、一定の期間改善しなければ、他の原因で腰痛を引き起こしている場合もあります。治療を受けてもなかなか治らない場合は、ストレスや内臓疾患、骨の異常などを視野に入れ、現在の治療とは別の方法を探っていく必要があるようです。

とはいえ、腰痛の原因の一つといわれている、心のデリケートな部分に触れるストレスの治療といってもピンとこないものです。マッサージや電気治療、湿布を処方し、腰痛の対策や生活習慣の対策をざっと話しただけで終わり、という治療を何度繰り返しても、ストレスの根本的な問題を解決するには至りません。腰痛の原因がストレスと考えられるときは、心のケアも兼ねて、自分に合った病院を慎重に選びたいものです。

また、長年腰痛に悩まされている人の中には、筋力もさほど衰えておらず、むしろ背筋を伸ばし、姿勢を良くすることに気を遣っている人も多くいます。筋力不足が原因ではなく、画像診断の結果も異常なければ、ストレスが腰痛の原因と考えられます。とはい目に見えないストレスは、一般的な腰痛対策をしても、なかなか改善しないもの。心の奥底から改善する方法を探らなければ根本的な解決には至りません。ストレスが原因の腰痛は、信頼できる治療院で施術をしてもらい、自分でできる腰痛対策を行う方が改善するということもあるのです。

自分でできる腰痛を緩和する治療とは

医療機関で治療を行わなくても、腰痛が改善するケースもあります。腰痛の原因といわれるストレスを、自分で緩和することは、自分で行う治療法の一つといえます。ただ、休日返上で働く多忙な人にとって、自分の時間などない、休みがあったら寝ていたいと思う気持ちもわかります。でも、ストレスを自分で消化しきれないと、慢性的な腰痛はもちろんのこと、自律神経のバランスが崩れ、うつ病などの精神疾患にまで及ぶことさえあるのです。

自分は大丈夫と思っている人も他人ごとではないうつ病。発症してしまうと日常生活に日常生活に支障が出て、長年闘病生活を送るケースもあります。ストレスを抱え込まないようにするには、仕事や家庭だけでなく、趣味の集まりなど、自分の居場所を複数作るとよいでしょう。仕事以外の趣味を持つことで、仕事を忘れる時間を作るという方法もあります。山や川などのアウトドアでリフレッシュし、思い切った休暇をとるなど、自然の中で心を穏やかにするのもよいでしょう。

また、はじめての出産後、数か月で経験する人も多い産後うつもストレスが原因といわれています。産後うつは、育児を一人で頑張りすぎ、子供と二人だけの空間で孤立してしまうことで気分が落ち込むなどの症状が出ます。ただでさえ、出産後は骨盤がまだ安定しておらず、赤ちゃんの世話での前かがみの動作も重なり、腰に負担をかけてしまいがちです。

そのような中、慣れない育児にストレスを抱え込んでしまうと産後うつになりやすく、より腰痛を招く原因にもなります。産後うつを予防するには一人で悩みを抱え込まないように、育児サークルを活用するなどし、時には託児を利用するというのも良い気分転換になります。人それぞれの環境や状況により、感じるストレスは異なり、1回数分で終わる診察の中で腰痛の原因を見抜く医師に出会うのはなかなか難しいもの。ストレスが原因の腰痛なら、自分でできることも多く、医療機関の治療に頼らなくても、腰痛を緩和することが十分可能といえるでしょう。

腰痛の治療|痛みを緩和してくれる治療の方法関連ページ

腰痛の症状別の治療方法|症状で異なる腰痛の治療
腰痛の治療を受けるタイミングとは 腰は体の中心にあり、上半身と下半身を円滑に動かすためにさまざまな方向に動くもの。ある一定の動作を継続し、筋肉を凝り固まらせることで、腰にストレスをかけることも腰痛の原因になる一方、スポー […]