腰痛にはストレッチで痛みを和らげると効果的

*
腰痛の治し方やツボ・和らげる方法が分かる > 腰痛に効くストレッチ > 腰痛にはストレッチで痛みを和らげると効果的

腰痛にはストレッチで痛みを和らげると効果的


腰の痛みがある時は安静?ストレッチを取り入れるタイミングとは

腰の痛みがある時に、無理な運動やストレッチを行うと症状を悪化させるだけでなく、治りを遅くする原因ともなります。とはいえ、いつも施術に頼り、家では安静にしていると、なかなか腰痛から抜け出すことができません。そもそも腰痛は、軽度から重度まで人それぞれの症状があるにもかかわらず、対処法は腰痛というひとくくりにされて紹介しているケースも多いようです。

痛みがある時は安静に、とはいえども、軽度の時はストレッチを取り入れるなど、腰痛の症状に合わせたケアや体の動かし方をすることで、症状の緩和につなげたいものです。また、腰痛によいといわれているストレッチやエクササイズが多く出回る中、自分の症状に効果があるものを探しだすことは難しいものです。腰痛を軽減するストレッチを実際にやってはみたものの、正しいやり方がよくわからず、いまいち効果が実感できないという経験がある人も多いのではないでしょうか。

効果があるストレッチのやり方
自己流でストレッチやエクササイズを行っても、効果が表れない原因は、間違った姿勢に気付いていないことが多いようです。そもそも、腰痛になりやすいタイプの人は、骨盤が傾きやすく、骨盤周りの筋力も整っていないことが多いといわれています。腰痛に良いとされる動作を行っても、骨盤を正しい位置に調節することなく、間違った使い方で進めてしまい、より症状を悪化させてしまうこともあります。

腰痛を改善するために重要な骨盤の正しい位置とは、骨盤が左右にも前後にも傾いておらず、安定した状態。姿勢が良く、背骨は自然なS字カーブを描いていて、適度に腹筋や背筋が使われていることがベストです。逆に姿勢が良すぎても腰椎に負担をかけてしまいます。反りすぎず、猫背にもなっていない姿勢が腰痛を起こしにくい正しい姿勢といえるでしょう。

また、慢性的な腰痛に悩まされている人は、椅子に座っても、何をするにも腰が気になってつらいという経験もあるのではないでしょうか。ぎっくり腰を繰り返してしまうなど、重度の腰痛の場合は、自分でほぐせないほど筋肉が硬くなっていることがあり、自己流でほぐすとかえって筋肉をいためてしまうリスクもあります。

重度の腰痛の人がストレッチや運動を取り入れるタイミングは、痛みが和らいでから、徐々に行うことがよいといわれています。まずは、自分では対処できない、凝り固まった腰の筋肉を施術でほぐしてもらうことからはじめます。そして、症状が和らいだら、ストレッチを取り入れ、正しい姿勢を身につけることで自然に筋力をつけていくとよいでしょう。

軽度の腰痛には腰痛軽減ストレッチ

腰痛の症状が軽度の場合は、凝り固まった筋肉をほぐすストレッチがおすすめです。軽度の腰痛の目安としては、自分で腰のツボを指圧すると痛気持ち良く感じる程度といわれています。指圧ができないほど筋肉が凝り固まってしまう前に、根本から改善を目指したいものです。また、普段スポーツや特殊な運動を行っている人は同じ動作を繰り返し、過度な筋肉へのストレスなど、さまざまな要因が重なり、腰痛の原因となっていることもあります。今行っている運動に無理がないか、基本から見直すことも重要かもしれません。

それでは、運動をしている人もしていない人にも効果的な、腰痛軽減ストレッチをご紹介します。腰回りをほぐしながら、太ももの筋肉をストレッチさせ、下半身の筋力を無理なくつけていきます。両手を壁や椅子の背もたれに置き、両足を揃えます。左足を50センチほど後方へ引き、右膝を十分曲げます。バランスが取れる人は両手を腰に添え、骨盤が傾かないようにします。その状態で息を吸って、吐いて5呼吸ほど止めます。反対も同様に行いましょう。太ももや骨盤周りの筋肉に働きかけ、股関節の可動域を広げる効果もあります。無理なく、出来る範囲で繰り返し行いましょう。

腰痛にはストレッチで痛みを和らげると効果的関連ページ

腰痛を予防するストレッチで腰痛持ちにならないようにしよう
腰痛予防のストレッチを行う時のポイント 慢性的な腰痛があっても、症状が軽い時は積極的にストレッチを行い、体をほぐしていきたいもの。でも、体が硬く、ストレッチが苦手という人も多いのではないでしょうか。ストレッチは見本の通り […]